あなたの
健康な日常に寄り添い、
守り続けたい

乳腺外科・乳がん検診(マンモグラフィ)・各種検診

姫路市乳がん個別検診実施医療機関・乳がん検診精密検査実施機関

はじめてのかたへ

乳がんは早期発見が重要です。
そしてそのためには
正しく検診を受けることが大切です

乳がんは9割の方が治ります。つまり早期発見されればまず治癒します。
名医でなければ治せないなら、9割も治るはずがない。
逆に末期状態で発見されたら、どんな名医であっても、いかに医療が進んでも治せません。

しかし正しく検診を受けなければ早期発見は難しいのです。ではなにが正しくて、なにが間違いなのでしょうか。
その人に応じた適切な検診の在り方があります。
家族に乳がんの方がおられる、若い、授乳歴がある、ないなど、その方の事情によって微妙に異なるのです。

にしはら乳腺クリニックについて

施設のご案内

診察について

実績のご紹介

乳腺と向き合う日々に

2021.09.26

ブレスト・アウェアネスについてもう一度説明します。この考え方はとても大事で、これから乳がん検診を受けられるすべての女性にとって是非にも知っておいて欲しいからなのです。ブレスト・アウェアネスは自己検診の”やり方”ではありません。自分の乳腺の正常な状態を覚えておこう、という”考え方”なのです。

2021.09.13

9月6日の産経新聞の記事(電子版)にサラ・ハーディングさんの訃報が掲載されていました。大変お若くして亡くなられたのですが、その記事の中に気になる一文があったのです。

2021.08.31

更年期障害、あるいは骨粗鬆の予防、避妊、子宮内膜症などでホルモン補充療法を受けられている方は多いと思います。女性ホルモンを補充することで乳がんのリスクはないのか、それを気にされて乳がん検診を受けに来られる方は多く、また補充療法そのものを続けて大丈夫かはよく尋ねられます。

2021.08.23

閉経前はタモキシフェン、閉経したらアロマターゼ阻害剤(アリミデックス、アロマシン、フェマーラ)と考えておられる人は多いのではないでしょうか。しかしそうステレオタイプに考えるのは難しいのです。今回その違いを考えてみましょう。

2021.08.23

私たちのクリニックを受診される方で、乳腺痛はもっとも頻度の高い訴えになります。もちろんそのほとんどの方はがんではありません。痛くもかゆくもない乳腺のしこり、それこそが乳がんの特徴的な症状であり、検査が必要な主訴です。でもがんでもないのになぜ痛いのですか、患者さんは疑問に思われるようです。

2021.08.17

乳がん治療において、ホルモン剤は他のがんにはあまりない特徴的な治療であり、しかも長期にわたるため、ご存じな方も多いと思います。もちろん飲まれている方も乳がん患者さんの全体の6-7割程度でおられます。最近、ホルモン治療に関して、重要な論文がいくつも発表されました。それを解説したいのですが、内容の理解が難しいのです。何回かに分けて説明していきます。

2021.08.02

いままでトリプルネガティブ乳がん患者さんへの記事が多かったのですが、今回はホルモンレセプター(HRと略します)陽性HER2陰性の転移再発乳がんの治療を受けられる方への新しい情報を提示したいと思います。

2021.07.19

ブレスト・アウェアネスという言葉をご存じですか?皆さんは乳がんの自己検診をされていますか?乳がんは自分で検診できる珍しいがんです。ただほとんどの方は”よくわからない”と言われます。それも当たり前。乳がんになったこともないのに、乳がんを自分で検診しろ、と言われてもわからなくて当然です。

2021.07.10

「今、乳がんが再発しているのでもない、ちゃんと治ったと思っている。だからもう乳がんのことなんか考えたくもない。やっと忘れられそうなのよ。けれども遺伝子の検査を受けて陽性なんてわかったら、これからずっと気にして生きていかなければならないじゃない。ましてそれを自分の子供にまで引き継ぐなんて想像したくもない。」そう思われている方にお話ししておきたいことです。

診療日と診療時間

※日曜、祝日は休診になります。
診察時間
9:00-12:30
14:30-18:00

〒670-0912 
姫路市南町11番地キャピタルi姫路2F
ご予約専用ダイヤル:079-283-6103
代表:079-283-6101

アクセス方法と提携駐車場のご案内はこちら