あなたの
健康な日常に寄り添い、
守り続けたい

乳腺外科・乳がん検診(マンモグラフィ)・各種検診

姫路市乳がん個別検診実施医療機関・乳がん検診精密検査実施機関

はじめてのかたへ

乳がんは早期発見が重要です。
そしてそのためには
正しく検診を受けることが大切です

乳がんは9割の方が治ります。つまり早期発見されればまず治癒します。
名医でなければ治せないなら、9割も治るはずがない。
逆に末期状態で発見されたら、どんな名医であっても、いかに医療が進んでも治せません。

しかし正しく検診を受けなければ早期発見は難しいのです。ではなにが正しくて、なにが間違いなのでしょうか。
その人に応じた適切な検診の在り方があります。
家族に乳がんの方がおられる、若い、授乳歴がある、ないなど、その方の事情によって微妙に異なるのです。

にしはら乳腺クリニックについて

施設のご案内

診察について

実績のご紹介

乳腺と向き合う日々に

2024.06.05

乳腺濃度は生涯一定ではなく変化します。授乳経験や、ホルモン剤の投与のような、実際にはそうしたくてもできない非現実的な選択肢だけではなく、生活習慣を意識することでも濃度を落とすことも可能なので、知識として知っておいてもいいかもしれません。

2024.06.02

乳腺濃度は生涯一定ではなく変化します。授乳経験や、ホルモン剤の投与のような、実際にはそうしたくてもできない非現実的な選択肢だけではなく、生活習慣を意識することでも濃度を落とすことも可能なので、知識として知っておいてもいいかもしれません。

2024.06.01

乳がん検診において、マンモグラフィにおける乳房濃度は4段階に分けられます。特に高濃度乳腺や不均一高濃度乳腺とされた方は注意が必要とされます。乳腺の濃度はそれが上昇するにしたがって、乳がんの発生を増加させ、マンモグラフィの感度を相乗的に低下させる強力なリスク要因です。

2024.05.09

以前にも ”米国予防サービスタスクフォース(USPSTF)が乳癌検診に関する新しい草案勧告を発表しました” という記事で、その内容を紹介しました。今回その総まとめのような形で患者さん向けのガイドラインが出ていましたので紹介します。

2024.04.18

ランセット乳がん委員会の最近の報告書によると、研究者らは、乳がんにおける研究、治療、生存率が最近改善されているにもかかわらず、多くの患者を体系的に取り残している可能性があるとし、そこには根強い不平等があることを明らかにしました。

2024.04.15

基本的に乳管内乳頭腫(IDP)は、細胞診で診断されることはほぼあり得ない。最低でも針生検、あるいはUS-VABなど組織の“一部”を採取することでなされます。もちろんIDPは”良性“であるので、切除は原則不要です。問題は一部を採取して良性と診断し、後に全体を切除して生検すれば悪性であった、いわゆるUpgradeと表現されること、これはいわば偽陰性ですが、それが起こる確率はどれくらいのものなのか、そして偽陰性を防ぐ手立てはあるか、ということになります。

2024.04.15

米国疾病予防管理センターの新しい研究では、女性が十分な食事が取れるかなどの生活不安や医療費の余裕がない など、健康に関連した社会保障のニーズを抱えているほど、推奨される検査であるマンモグラフィーを受ける可能性が低くなることが判明しました。

2024.04.04

DCISの治療における最終目標をここで整理してみましょう。

2024.04.04

上皮内乳管癌(DCIS)の女性を手術または放射線療法で治療する必要性についてはまだまだ議論があります。これは乳管内乳頭腫の治療とよく似たところがあります。同じように乳管内に病変がとどまっており、転移する可能性はないとされていますから、切除すれば理論上は完治します。ただ切除しなくても一生そのままなのではないか、そういうことです。

2024.04.03

乳がんと診断されました。病院に受診して、PETやCTなど様々な検査をして、やっと手術が決まったと思ったらさらに2週間待ちと言われました。診断されてからなら1か月も経っています。大丈夫ですか?PETでは転移はないと言っていただけたのに、この2週間で転移してしまったらと思うと、いてもたってもいられません。

診療日と診療時間

※日曜、祝日は休診になります。
診察時間
9:00-12:30
14:30-18:00

〒670-0912 
姫路市南町11番地キャピタルi姫路2F
ご予約専用ダイヤル:079-283-6103
代表:079-283-6101

アクセス方法と提携駐車場のご案内はこちら