doctor

ごあいさつ

就任にあたって

 最近のがんセンターの発表からみれば、乳がんは、女性の死亡率第5位、がん罹患率第1位、11人に1人が乳がんを発症するといわれています。たくさんの方が乳がんを罹患されていますが、検診が普及し、早期で発見される方が増え、そして治療成績が向上したために、死亡率は5位と、大腸がんや肺がん、胃がんに比べて低いのです。近年の成績からは乳がんに罹患されてもほぼ9割の方が生還されています。

 しかしそれでも1割の方は不幸な結果をたどられています。
 どのような方が9割に入り、どのような方が1割に入るのか?

 私は外科医師としてほぼ20年以上 乳腺医療に携わり、2010年に姫路に赴任してからも最前線で3000人以上の乳がん患者さんの治療に向き合ってきました。乳がんが疑われ、あるいは乳がんと診断され、不安でいっぱいで受診された患者さんに対して、私はいつもその経験からこう話しかけてきました。

「乳がんは9割の方が治ります。毎年、それを専門とする医師を受診し、きちんと検診を受けてきた方がもし治癒せず、亡くなってしまうのなら、9割も治るはずはない。きちんと治療すれば治りますよ。」

 乳がんは早期発見されればまず治癒します。ガイドラインが整備され、学会で認定された専門医が日本中で治療を行っている現在、“名医”を探してうろうろする必要はありません。名医でなければ治せないなら、9割も治るはずがない。逆に末期状態で発見されたら、どんな名医であっても、いかに医療が進んでも治せません。

 2年おきに検診クーポンが配られ、勤務先では当たり前のように検診マンモグラフィが行われていても、それでもその網から漏れてしまう方がおられます。

「3か月前からしこりに気が付いていたのですけれど…」「形がすこしおかしくなってきていたのに気が付いたのは半年前で…」「もういまさら受診しても手遅れだと思って…」

 あと1割の人を助けるためには、先端の機材や、最新の抗がん剤、磨き抜かれた手術の技が重要ではありません。気楽に、定期的に、そして安心して受診できる身近な施設がその地域に存在していること、それがなにより重要なのです。

 そして重要なもう一つのポイント、それは「正しく検診を受けていく」ことにあります。

 正しくとは何のことを言っているかわからない方もおられでしょう。たとえば現在検診のためのクーポンは2年に1回配布されます。それを見て、2年に1回が適切な検診頻度と思われている方も多いのではないでしょうか。けれどもある女性は母親も祖母も乳がんに罹患している、こうした方はほかの方同様の2年に1度の検診でいいでしょうか。自分は若いころ針で検査を受けてADHと呼ばれる前がん病変を指摘されている、こうした方も一般の方と同じ頻度で検診を受けていくのは危険です。

 そして医療の進歩はがんの原因となる遺伝子の異常を次々と発見しています。こうした方は先天的にがんに罹患するリスクを持っておられるため、通常の検診では対応できないとされています。

 私はまだ若く、子供を産んでいないので、マンモグラフィを受けても所見が分かりにくい高濃度乳腺と言われた、こうした方も通常の方同様にマンモグラフィだけで検診を受けていくことはリスクがあります。

 通常の検診では拾えない乳がん、見つかりにくい乳がん、それは確かに存在します。しかし、その人その人に応じた「正しい検診」を受けていくことで早期で発見することが不可能ではなくなります。それでは自分はどういう検診を受けていくことが「正しい」のか、それは我々のような市中の最前線のクリニックが、個々の女性に対して指導し、フォローしていく役割を負っているといえるでしょう。

「今年の検診も大丈夫だった。よかった。さあ、気分を一新してまた1年頑張ろう。」

 自分はがん拠点病院の乳腺外科部長として、この地域で長年がん治療の最前線を担ってきました。これからはその経験を生かして、皆さんの健康な日常に身近な存在として寄り添い、それを守っていく役割にシフトします。そして自分の命の続く限り、それを守り、安心を与え続けることのできる医療の一翼を担う存在でありたいと思っております。(令和3年4月)

院長 渡辺 直樹

経歴

平成元(1989)年3月岡山大学医学部卒業
平成13年(2001)3月岡山大学医学部第一外科学教室大学院卒業 博士号取得
平成7年(1995)8月公立学校共済組合中国中央病院勤務 医長
平成12年(2000)6月鳥取市立病院勤務 医長
平成15年(2003)11月岡山大学医学部消化器・腫瘍外科学教室勤務 医員
平成16年(2004)6月公立学校共済組合中国中央病院勤務  乳腺・呼吸器外科部長
平成22年(2010)10月姫路赤十字病院勤務  乳腺・呼吸器外科部長
平成26年(2014)4月姫路赤十字病院勤務  乳腺外科部長

所属学会

日本外科学会、日本乳癌学会、日本甲状腺外科学会、日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会、日本遺伝性腫瘍学会、アメリカ臨床腫瘍学会(ASCO)など

資格・役職

  • 日本外科学会 指導医、専門医、認定医
  • 日本乳癌学会 指導医、専門医、認定医
  • マンモグラフィ読影認定医 AS判定
  • 乳腺超音波診断認定 A判定

論文 執筆

Main Author

1. Concurrent administration of chemo-endocrine therapy for postmenopausal breast cancer patients. Breast Cancer: 17(4): 247-53, 2010.

2. Cardiac tolerability of concurrent administration of trastuzumab and anthracycline-based regimen as adjuvant chemotherapy for breast cancer. Breast Care : 9(1): 46-51, 2014.

3. Retrospective analysis of cardiac tolerability of concurrent administration of trastuzumab and anthracycline-based regimen for breast cancer, to address one-year-term issues in LVEF. Breast disease : 35: 253-61, 2015.

Corresponding author

1. Postoperative courses of breast reconstruction using inferior adipofascial tissue repair. Breast Cancer. 2015; 22: 570-7.

2. Breast reconstruction with absorbable mesh sling: dynamic infrared thermography of skin envelope. Gland Surg. 2017; 6: 73-81.

著書・共著

1. Concurrent Administration of Trastuzumab and Anthracycline for Breast Cancer Treatment: An Unassailable Contraindication?. Cardiotoxicity: 2018, ISBN: 978-1-78984-238-8

2. 外科医による一次一期乳房再建 ~Direct to Implantの手法~. 現代図書. 全178p,  ISBN-13 : 978-4862990280, 2017/7/20.

3. 乳腺外科の手術記録. 手術記録の描き方・活かし方. Kinpodo. 全167P:p150-54, ISBN978-4-7653-1859-4, 2021/04/15

渡辺先生カバー

外科医による一次一期乳房再建 Direct to Implantの手法


著書 内容について

乳がんの根治術と同時に行われる乳房再建術は、通常2回に分けて行われることがほとんどです。
私はこれを1回で完遂する術式にこだわり、これを開発してきました。学会で発表し、さらに論文にするには記載しなければならないことが多く、収まりきらないことから、1冊の本にまとめて発刊しました。医師のために書かれたものです。

乳腺外科の手術記録


共著 内容について

手術記録の描き方について解説した著作の共著をさせていただきました。乳腺外科部門で、手術記録の在り方について言及しています。

ページの先頭へ